お客様のカート 会員ページへログイン・新規登録 ご利用案内 茶道具通販のお問い合せ サイトマップ
RSS
  • 茶道具通販商品一覧
  • 煎茶道具通販商品一覧
  • 法人様・大口注文向け茶道具
  • 学校茶道のみなさま向け茶道具
  • 茶道具 尾道 藤原茶舗店舗案内
  • FAX注文用紙
  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

緑茶の効用

(椿・太郎冠者)

進行前立腺がん、緑茶でリスク減=全体では関連見られず−厚労省研究班

2007年12月19日12時1分配信 (時事通信)


 「緑茶を多く飲む人は進行した前立腺がんになりにくいことが19日までに、厚生労働省研究班(主任研究者・津金昌一郎国立がんセンター部長)の大規模疫学調査で分かった。1日5杯以上飲む人は、1杯未満の人の約半分のリスクだった。緑茶の進行前立腺がん予防効果を示す研究は初めてという。

 調査は1990年と93年、全国10地域の40〜69歳の男性約5万人の食習慣などを調べ、2004年末まで追跡。この間に404人が前立腺がんと診断された。

 緑茶を飲む頻度でグループ分けしてリスクを比較したところ、前立腺がん全体でははっきりした関連が見られなかった。ただし、前立腺内にとどまる早期がん(271人)と、外に広がっている進行がん(114人)に分けると、進行がんは緑茶の摂取量が多いほどリスクが低く、1日5杯以上の人では1杯未満の人の0.52倍だった。」 
(尾道・天寧寺)

緑茶のがん予防効果は

2008年1月12日 日経 NIKKEI プラス1 【医食同源】

緑茶のがん予防効果については、はっきりとされていなかったが、最近、厚生労働省研究班による研究から次のようなことがわかった。                                                         まず、40ー69歳の男女約9万人を対象にして、7−12年間追跡調査を行った。緑茶を一日一杯未満飲む人を基準にし、一日1〜2杯、3〜4杯、および5杯以上飲むと答えた人の胃がんのリスクを比較した。すると、女性の場合一日5杯以上飲む人で胃がんリスクは30%くらい低かった。しかし、男性の場合は緑茶によるリスクの低下ははっきりしなかった。

また、同研究班は、40ー69歳の男性約5万人を対象に、12年間追跡調査を行ったところ、その間404人が前立腺がんと診断され、内114人が進行性がんだった。             そして、緑茶をよく飲む男性は進行性の前立腺がん(前立腺以外にもがんが広がっている進行性のもの)のリスクが低くなることがわかった。つまり、一日緑茶を5杯以上飲む人は、一杯未満の人に比べて発がんリスクが半減したのだ。しかし、がんが前立腺内にとどまるものについては明確なリスク低下はみられなかった。                              

緑茶ががんを予防する成分については、ポリフェノールの一種カテキンが考えられ、それが細胞内の遺伝子を傷つける活性酸素を消去する働きがあるからではないかといわれている。緑茶には、カフェインも含まれ、これは飲むと頭をスッキリさせたり、疲労をとったり、消化吸収を助けたりする働きがある。一日5杯くらいの緑茶は、起床時や三度の食事の時にとるようにすれば簡単にとれる量だ。(新宿医院院長 新居 裕久)                 


ページトップへ