お客様のカート 会員ページへログイン・新規登録 ご利用案内 茶道具通販のお問い合せ サイトマップ
RSS
  • 茶道具通販商品一覧
  • 煎茶道具通販商品一覧
  • 法人様・大口注文向け茶道具
  • 学校茶道のみなさま向け茶道具
  • 茶道具 尾道 藤原茶舗店舗案内
  • FAX注文用紙
  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

十一月の着物のお約束

【十一月の着物のお約束】

十一月になりますと、お茶の世界は、お茶のお正月「炉開き」となります。

正式な「炉開き」のお茶事のお招きがございましたら、男性は、黒羽二重のお対(着物と羽織がおそろい)の五つ紋付き、仙台平の一般礼装で、寄付で、羽織をあずけ席入りをします。

女性は、無地縮緬の五つ紋付き比翼仕立ての色無地に袋帯の礼装で、男性にあわせます。

(道長取蜀江文様の袋帯)

11月の着物は、「綸子」「一越縮緬」「紬の袷仕立て」に、長襦袢も、「綸子」「錦紗」などの生地に袖無双胴単で、帯は袷の織帯がよろしいようです。

半衿は、「塩瀬」または「縮緬」で、帯揚げも冬物で「綸子」「縮緬」「絞り」帯締めは「唐組」と、錦秋の頃にふさわしい装いとなってきます。

お茶会も、炉開きの茶会や紅葉を愛でる会など、上手にお洒落をアピールしたいですね。気温も冷え込み木枯らしが吹き始めるこの季節には、「袷の小紋」や「紬の羽織」や、「綸子」や「紬」の道行きコートが必需品となってきますね。

草履もつや消しのエナメルなどはいかがでしょうか?

「十月の着物のお約束」